社会のルールの頂点にあるのが法律です

社会のルールの頂点にあるのが法律です

社会のルールの頂点にあるのが法律です

社会のルールの頂点にあるのが法律です。つまり私たちが毎日生活する中で、何かしらの出来事に対してその頂点にあるものが大凡法律によって守られていると言う事になります。まず家庭です。家庭の中には、子供や両親お年寄りがいます。子供の場合には、必ず保護法と言う法律があります。他にも児童福祉法などがあります。そして家庭と言う事によっては、会社のその他もそうですが、地域と密接しています。そのために環境も重なって来ますから環境法なども絡んできます。そして子供以上の大人の場合には、婚姻法、そして親子法などがあります。そして親権など、その他にも大人として触れる様々な法律があります。そして老人になれば、大人もそうですが、介護法と言うのが出てきます。そして生活保護や土地その方の財産分与などの法律、そして相続に関しての法律など様々です。そして家庭から一歩外に出れば、今度は社会に関する法律があちらこちらで存在すると言う事になる訳です。

お知らせ

一覧

社会のルールの頂点にあるのが法律です

普段の生活の中で働くと言う事の法律です

企業として守らなければならない法律があります

職場として社会に準ずると言うのが法律です