企業として守らなければならない法律があります

企業として守らなければならない法律があります

企業として守らなければならない法律があります

働くと言う事に関しての法律があります。それは雇用する側としては企業であるからこそ、守らなければならないと言うのが法律です。第一に企業として社会に認められる事が必須です。許可なく開業や営業は出来ないと言う事になります。企業以外でも個人営業でも営業の許可が必要です。また食品など料理に関しての営業であれば、その他に衛生法などの法律も絡んできます。更には、企業として社会に納めなければならない税金が発生すると言う事になります。つまりは法人税と言う事になります。社会上、会社が発足すれば、法人として扱われる事になります。個人でも様々な税金を支払っている限り、会社としても収益が出れば、そのまま会社としての利益となると言う事にはならない訳です。会社本体が業績が上がれば、その上がった分だけ社員に還元する事は必須、もちろん、その業績と言うのは社会がその会社を信頼、そして信用しての証明として業績が上がった訳ですから、その上がった収益の何割かを社会に税金として納めると言うのが法律で定められていると言う事です。

お知らせ

一覧

社会のルールの頂点にあるのが法律です

普段の生活の中で働くと言う事の法律です

企業として守らなければならない法律があります

職場として社会に準ずると言うのが法律です